トアーシステム、「SISnet iIIWeb財務会計システム」でMIRACLE LINUXを採用

CNET Japan Staff 2006年01月18日 03時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トアーシステムとミラクル・リナックスは1月17日、両社の販売技術提携の一環として、トアーシステムの財務パッケージ「SISnet iIIWeb財務会計システム」がMIRACLE LINUXに対応したことを発表した。

 SISnet iIIWeb財務会計システムは、100% Javaで開発された財務会計システムで、財務諸表をXBRL形式で出力することが可能。すでにUNIXとWindows版を提供しているが、今回の発表でLinuxへの移行促進を目指している。

 トアーシステムでは2005年9月に協業を発表し、人材派遣業向けバックオフィス業務支援パッケージ「STAFF MANAGER(スタッフマネージャー)」においてもLinux OSとして「MIRACLE LINUX」を採用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから