KCCS、多様なIP機器の検査/隔離が可能なセキュリティ装置「Lockdown Enforcer」

ニューズフロント 2006年01月26日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は1月26日、米Lockdown Networksのネットワークセキュリティ装置「Lockdown Enforcer」の販売を3月1日に開始すると発表した。

 Lockdown Networksは、ネットワークアクセス制御(NAC)という概念をベースにネットワークの安全を確保するセキュリティ装置。ネットワーク上の全IP機器に対するセキュリティポリシー適用や、機器の検査、問題発生時の隔離などを自動的に行う。

 特定ベンダーのネットワーク機器や特定の隔離方式に依存していないため、既存のネットワーク資源の活用が可能。PCやサーバのほか、IP電話、PDA、プリンタなどさまざまな機器を検疫/検査対象にできる。主な機能は以下のとおり。

  • 認証:IEEE802.1x、RADIUS、LDAP、Windowsドメインなどによる認証に対応
  • 検査:ネットワークスイッチ、無線アクセスポイント、VPN機器への接続時だけでなく、接続後も継続的に検査を行う。エージェントなしでも実行可能
  • 隔離:ネットワークスイッチを制御し、問題のみつかった機器をネットワークから隔離
  • 回復支援:隔離された機器の利用者に情報を提供し回復を支援。将来、パッチ管理ツールとの連携を予定
  •  KCCSでは、約2億円の年間売上高を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?