マカフィーなど5社、スパイウェアサンプルとテスト方法の業界標準決定で協力

CNET Japan Staff 2006年02月01日 06時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 McAfeeは1月31日、シマンテック、トレンドマイクロ、ICSA Labs、Thompson Cyber Security Labsのセキュリティ関連4社とスパイウェアの識別/テストの標準メソッドの作成に向けて合意したことを発表した。

 McAfeeでは、スパイウェアの識別/テストの標準メソッドが作成されると、企業ユーザーおよび個人ユーザーは、標準化された第3者の評価基準に基づく製品レビューと、検知/テスト環境における共通の標準サンプルを参考にできるため、客観的にスパイウェア対策製品を選択できるようになるとしている。

 5社は、Anti-Spyware Coalition(ASC)が設定する定義を使用し、ASCと共同で研究ツールのガイドラインを策定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから