編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マカフィー、企業向け電子メールスキャンサービスを提供開始

Joris Evers(CNET News.com)

2005-08-30 20:06

 McAfeeは米国時間29日、「Secure Messaging Service for Small Businesses」と「Secure Messaging Service for Enterprises」の2種類の電子メール・セキュリティサービスの提供を開始したと発表した。これにより、McAfeeは、 ホスティング型の企業向け電子メールセキュリティサービス市場に参入したことになる。この市場では既にMessageLabsやMX Logicなど、多数の企業が事業を行っている。新サービスを利用する企業の電子メールは、McAfeeやPostiniの技術によってフィルタリングされる。ここでスパムやウイルスを含む電子メールは隔離され、残りの電子メールはユーザーの元に届けられる。

 2種の新サービスは、Postiniが提供するホスティング型の電子メール・スキャニングソフトをベースに開発された。2社は以前から提携関係にあり、Postiniは自社の電子メール・スキャニングサービスでMcAfeeのウイルス対策技術を利用している。McAfeeは、2004年に提供開始した小規模企業向けの電子メールセキュリティサービス「McAfee Managed Mail Protection」の顧客を、新サービスに移行する予定だと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]