NEC、未知のシステム障害の原因を迅速に特定するログ解析支援ソフト

ニューズフロント 2006年02月01日 15時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月1日、ログ情報からシステムの異常行動を検出するログ解析支援ソフト「WebSAM LogCollector TraceAssistant」の販売を開始した。価格は150万円。2月6日から出荷し、3年間で300件の販売を見込む。

 WebSAM LogCollector TraceAssistantはNECのログ情報収集/管理ソフト「WebSAM LogCollector」と組み合わせることで、システムに障害が発生した際、迅速に原因を突き止め、被害の拡大を防止げるという。

 WebSAM LogCollectorが収集した膨大なログ情報などから、システム全体の行動パターンを学習。データマイニングを用いて普段と異なる行動パターンを自動検出する。従来のログ解析支援ソフトでは困難だった、未知の行動パターンを含むシステム障害の検出が可能で、障害の原因特定にかかる時間を約40%低減できるとしている。

 NECでは今後、同ソフトの異常行動パターン検出技術を応用し、外部からのなりすまし行為や、内部からの情報漏えいを防止するセキュリティ製品を開発。事業化を進めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから