編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

SAN対応ディスクアレイのラインアップを一新--NEC「iStorage Sシリーズ」

エースラッシュ

2005-10-24 19:04

 NECは10月24日、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)対応ディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のラインアップを一新、中小型機3製品の販売を本日より開始した。

 今回発表されたのは、全機種でシリアルATAディスクとファイバチャネルディスクに対応し、低コストかつ高速なバックアップ環境を実現する「iStorage S2500」「iStorage S1500」「iStorage S500」の3機種。これらは、改ざん不可能な形式でデータの長期保管を可能にするデータ改ざん防止ソフト「SystemGlobe VolumeProtect」や、予備ディスクの効率的な運用や誤操作防止などを実現する論理ディスク維持管理機能「WebSAM Storage ReallocationControl」に対応している。

 中型機のiStorage S2500はディスクアレイコントローラにFCまたはSATAディスクエンクロージャを最大7台接続可能で、キャッシュメモリ容量は4Gバイトから8Gバイト(コントローラ当り2Gバイトから4Gバイト)。小型機のiStorage S150は最大3台接続可能で、容量は2Gバイトから4Gバイト(コントローラ当り1Gバイトから2Gバイト)だ。エントリー機のiStorage S500に関しては、FCまたはSATAディスクエンクロージャのどちらか片方を最大2台接続可能。容量はベーシックパッケージの場合で2Gバイト(コントローラ当り1Gバイト)、スターターパッケージでは装置あたり1Gバイトとなっている。

 シングルコントローラ構成の「iStorage S500 スターターパッケージ」が98万円から、デュアルコントローラ構成の「iStorage S500 ベーシックパッケージ」が150万円から、「iStorage S1500 ディスクアレイ装置」が197万円から、「iStorage S2500 ディスクアレイ装置」が370万円からとなっている。なお、価格はすべて税抜で、出荷開始時期は11月18日を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]