編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NEC、テープ装置を内蔵可能な新型NAS製品2モデルを発売--1TBと500GB

ニューズフロント

2005-07-20 17:59

 NECは7月20日、新型NAS製品「iStorage NS34P」と「同NS24P」の販売を開始した。NS34Pは同日から、NS24Pは8月30日からそれぞれ出荷を開始する。

 両製品ともバックアップ用にテープ装置を内蔵可能だ。内蔵ディスクによるディスクバックアップ機能と、テープ装置によるテープバックアップ機能を組み合わせると、「日々のバックアップはディスクで行い、週に1度のバックアップはテープで行う『Disk to Disk to Tape(D2D2T)』によるバックアップ環境を実現し、バックアップコストを削減する」(同社)。

 NS34Pは、記憶容量1TBの中規模オフィス向けのタワー型モデル。250GBのシリアルATA(SATA)ディスクを4台使用したRAID5を標準搭載している。大容量LTOテープ装置も内蔵可能。プロセッサはPentium 4プロセッサ541(動作周波数3.20GHz)。OSにはWindows Storage Server 2003を採用する。税別価格は34万8000円。

 NS24Pは、記憶容量500GBの小規模オフィス向けの省スペーススリムタワー型モデル。250GBのSATAディスクを2台用いるオンボードRAID1構成を標準搭載。DAT、AITなどのテープ装置を内蔵できる。プロセッサはPentium 4プロセッサ531(3GHz)。OSはNS34Pと同じくWindows Storage Server 2003。税別価格は25万9000円。

 同社は、NS24PとクライアントPC用自動データバックアップソフト「BrightStor ARCserve Backup for Laptops & Desktops r11.1」(10ユーザー版)を組み合わせたパッケージ製品「PCバックアップパック」も同時に発売する。税別価格は31万9000円。8月30日に出荷を始める。

今回発売されたiStorage NS 24P(左)とiStorage NS 34P (右)

NECのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]