編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

アドテックス、NAS分野に進出、同社製ディスクストレージをベースに開発

WebBCN (BCN)

2005-07-01 12:12

 アドテックス(黒瀬克也社長)は、同社製ディスクストレージにNASソフトウェアを組み合わせたNASアプライアンス「ArrayMasStor net-G」を6月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は600万円から。初年度100セットの販売を見込んでいる。また、ラックマウント型ストレージ製品「ArrayMasStor LP」を開発、年内発売の予定。

 「ArrayMasStor net-G」は、同社製ディスクストレージ「ArrayMasStor L」シリーズをベースに開発し、エンタープライズ向けの高速NASシステムを比較的低価格で構築できるのが特徴。

 主な機能は、(1)ファイラーユニットは2Uのきょう体にXeon2.8GHzプロセッサを採用し、標準のギガビット・イーサネット2ポートを実装、(2)ストレージユニットは3Uのきょう体に15台のSATAディスクを搭載したファイバチャネルRAIDサブシステムを採用、最大3きょう体までの拡張が可能、(3)ファイラーユニットとストレージユニットとも冗長電源と冗長ファンを採用、(4)Linuxをベースにした管理ミドルウェアを採用、CIFS、NFSなどのプロトコルをサポート――など。

 販売にあたっては、アドテックスが自社ブランドとして独自に販売するほか、NAS製品の販売で高い実績をもつテクノグラフィー社を始めとする販売代理店を介した間接販売を行う。

 一方、「ArrayMasStor LP」は、12Gbpsの転送速度を誇るSASインターフェイスと4Gbpsのファイバーチャネルの両方のモデルを用意。SASモデルの場合、ホスト・インターフェイスの従来の2Gbpsファイバーチャネルに比較して6倍のデータ転送速度、ドライブ・インターフェイスの場合は2倍のデータ転送速度を実現した。また、基本きょう体に拡張きょう体を7台接続することで、1台のRAIDコントローラに対して従来の約10倍となる最大60テラバイトの記憶容量をもたせることができる。

 このほかの特徴は、(1)3Uラックマウント型きょう体にSATA-IIまたはSASハードディスク15台を搭載、(2)ホストインターフェイスはSAS×4(12Gbps)またはFC×2(8Gbps)拡張きょう体接続用にSAS×4インターフェイスを標準装備、(3)二重化電源を標準装備、(4)キャッシュメモリのバッテリーバックアップ機能を標準搭載、(5)RAIDレベルは、従来サポートしていた0、1、0+1、5に加えてドライブ2台故障でもデータを失わないレベル6もサポート――など。

 販売先として、従来の得意分野である画像・映像分野とバックアップ分野に加え、高速なランダムアクセス性能を生かしてデータベースを始めとしたトランザクション分野も視野に入れた営業活動を行う。また、「ArrayMasStor LP」に使用しているRAIDコントローラであるF-ENGINEのOEM提供や、同エンジンを利用した姉妹製品の開発も行っていく。

アドテックス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]