編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NECと日本オラクルがストレージ管理機能を共同で検証

エースラッシュ

2005-09-08 22:04

 NECと日本オラクルは9月8日、NEC製外部記憶装置(ストレージ)と日本オラクルのデータベース管理ソフトに搭載されるストレージ管理機能「Automatic Storage Management」(ASM)を組み合わせを共同で検証し、検証結果をホワイトペーパーとして公開することを発表した。

 ASMは、日本オラクルの「Oracle Database 10g」に標準搭載されており、Database 10gのためのファイルシステムだ。ASMを使えば、性能や可用性を損なわずに、TCO(総所有コスト)の低減させ、ストレージの稼働率を向上できる。ASMの自動チューニング機能は、利用できる全てのストレージにデータファイルを均等に配置でき、システムを停止させずにデータベースファイルを追加、データベース用ストレージ管理の時間を最小限にできる。

 今回は、NECのストレージ「iStorage Sシリーズ」とDatabase 10gのASMを組み合わせる際の状況を共同で検証する。共同検証により、クラスタ機能やストレージの容量拡張時の認証機能が向上し、管理を簡易化できるようになる。ユーザー企業はiStorageとDatabase 10gを組み合わせたシステムを検証された手順に沿って構築でき、低価格で容易な構築が可能となる。

 ホワイトペーパーは、英語版が米Oracleの技術情報サイト「Oracle Technology Network」で、日本語版を日本オラクルの技術情報サイト「Oracle Technology Network Japan」でそれぞれ公開することを予定している。

 今後両社は、プロモーションやセミナーなどの共同マーケティングを実施する予定だ。また、NECではiStorage、IAサーバ「Express 5800」シリーズとDatabase 10gを組み合わせたシステムを整備・提供する。今後3年間でiStorageとDatabase 10gを組み合わせて1000本の販売を予定しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]