サンの「Solaris 10」、登録ライセンス数が400万件を突破

CNET Japan Staff 2006年02月08日 02時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは1月31日、リリースから丸1年を迎えたSolaris 10オペレーティングシステムの登録ライセンス数が400万件を超えたことを発表した。

 サンによれば、Solaris 10の多くのユーザーがアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上できたと報告している。ダイナミックトレース(DTrace)、予測的セルフヒーリング、Solarisコンテナなどの機能を備えたSolaris 10は、システムリソースの有効活用や問題の迅速な診断と解決を支援し、ハードウェア投資を生かしながら可用性を維持できるという。

 Solaris 10は、現在500以上のプラットフォームをサポートしている。無償ライセンスを取得した企業の中には、小売業トップ11社中10社、金融サービス業トップ8社中7社、および製造業とITの各トップ5社が含まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから