編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

サン、Java技術者およびSolarisシステム管理者向けに新技術者認定試験を提供

CNET Japan Staff

2006-01-31 05:45

 サン・マイクロシステムズは1月30日、JavaおよびSolarisの最新技術に対応した認定試験の提供を開始すると発表した。2006年2月1日より日本語版試験の受付が開始され、2月6日より受験できる。

 新しい認定試験は、J2SE 5.0(Java 2 Platform Standard Edition 5.0)準拠の「Sun認定 Javaプログラマー資格(SJC-P)」(正式名称:Sun CertifiedProgrammer for the Java 2 Platform, Standard Edition 5.0)およびSolaris10準拠の「Sun認定 Solarisシステム管理者資格(SCSA)」(正式名称:Sun Certified System Administrator for the Solaris 10 OS)の2つ。

 J2SE 5.0は、2004年秋にリリースされたJavaプラットフォームの最新バージョン。SJC-Pでは、J2SE 5.0 の新機能を含むJava技術の包括的な知識を認定し、同資格を取得した技術者が最先端の高い開発スキルを習得していることを証明できる。

 一方、Solaris 10は「Solaris コンテナ」「予測的セルフヒーリング」「ダイナミックトレース」、UltraSPARC、AMD64プラットフォームサポートなどの機能が搭載されたオペレーティングシステム。2005年1月からのオープンソース化されている。SCSAでは、このSolaris 10を使用するエンジニアが必要とするシステム管理の知識を認定する。

 試験形式はすべて多岐選択式。前バージョン取得者向けにアップグレード試験も用意される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]