サン、仮想化技術を「UltraSparc T1」搭載サーバで採用へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年01月26日 13時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Sun Microsystemsは2006年後半に、最新の「Sparc」チップ搭載サーバ上で、複数のオペレーティングシステム(OS)を同時に稼働させる仮想化技術を導入する。同社はこれにより、競合であるIBMやHewlett-Packardが既にUnixマシンに組み込んでいる機能を提供できるようになる。

 SunのScalable Systems GroupのエグゼクティブバイスプレジデントDavid Yenによれば、論理ドメインと呼ばれるこのテクノロジーは、「UltraSparc T1」チップ(開発コード名「Niagara」)を搭載した「T2000」と「T1000」という2機種の同社製サーバに採用される。T2000は2005年12月に出荷が開始され、T1000は2月に出荷を予定している。

 同氏は、当地にあるSunのオフィスで記者やアナリストとミーティングを開き、「今年、Sun初の仮想化技術をT2000とT1000に導入し、Solaris 10が既に提供しているコンテナ技術を超えるものを提供できるようにする」と述べた。その後のインタビューでYenは、この技術にはニーズがあり、金融サービス業界で顕著であることを付け加えた。

 複数のOSを実行させることで、1台のコンピュータをより効率的に稼働させることは、今日のサーバ市場において大きなトレンドとなっている。Sunは、この機能をサーバに組み込むことで、同社のこれまでの基幹製品に欠けていた重要な要素を手にすることなる。

 Sunは同社サーバ部門の地位を回復しようと懸命に努力している。同社サーバの出荷台数は、前四半期で6%減少している。

 現在、Sparcサーバ上で複数OSを稼働させようとした場合、ハードウェアパーティションを利用するしか方法がない。これは、ハイエンドなUnixサーバを4つのプロセッサパーティションに分割するため、あまり柔軟な手法ではない。その一方で、同社のOSであるSolaris 10には、OS内の単一インスタンスを複数のコンピュータ環境に見せかけることができるコンテナという機能があるものの、さまざまなアプリケーションの独立性を保護する機能が劣っている。

 単一サーバ上で複数OSを稼働させる動きは昔からあり、もはや成熟の域に達している。複数OSの稼働は、比較的初期のx86サーバでさえ、VMwareの仮想マシンソフトウェアを使用することで実現できていたのだ。そして、現在進行中の、「Xen」と呼ばれるオープンソースソフトウェアプロジェクトでも、同様の機能が実現されることになる。

 Yenによれば、未来はXenにあるという。Sunは自身の論理ドメインソフトウェアを開発しているが、やがてはXenと一本化することを期待している。

 「Xenは最終的に業界全体に受け入れられることを期待されており、われわれはそれに関わっていたいと考えている。いつか、おそらく2007年後半に、Xenと一本化することになるだろう」(Yen)

 Yenによると、論理ドメイン機能はT1000およびT2000のファームウェアのアップデートとして提供されるという。同氏は、アップデートによるパフォーマンス低下や、顧客ソフトウェアの修正は必要ないと述べている。

 同氏は、このファームウェアにはもう1つ重要な機能があると語る。それは、Solarisの新たな土台の提供だという。Sunは、SolarisをAdvanced Micro Devices(AMD)の「Opteron」といったx86チップに移植しようとしているが、OSと使用されるチップとの間でさらに柔軟な連携が必要と考えた。Yenは、このファームウェアがそういった新たなインターフェースを提供することになると述べる。

 「Solarisが行うべきことはすべて、この階層で提供されるAPIとのやり取りになる」(Yen)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化