エルピーダメモリ、B2Bプラットフォームに「Sterling Integrator」を採用

CNET Japan Staff 2006年02月16日 05時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターリングコマースは2月15日、エルピーダメモリがB2Bプラットフォームとして「Sterling Integrator」を導入し、半年を経た現在もロゼッタネットへの対応を含めて安定稼動していることを明らかにした。

 スターリングコマースでは、エルピーダメモリにB2Bシステムの導入事例を紹介し、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できるシステムを提案。複数の取引先や工場とのデータ連携で安定的な稼動を見込め、ロゼッタネットに対応する機能を持つなどの理由からSterling Integratorが採用された。

 2005年7月に既存システムのリプレースとして導入が完了。製品の導入は日立ハイテクノロジーズが行い、約3カ月という導入期間で本格稼働した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから