編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

スターリングコマースと日立情報システムズ、金融向けB2Bシステム構築で協業

CNET Japan Staff

2006-01-27 01:28

 スターリングコマースと日立情報システムズは1月26日、金融業界向けB2Bソリューション分野で協業することを発表した。

 今回の協業で両社は、新しい企業間連携ソリューションを提供したい考えだ。スターリングコマースは、同社のEDI/EAI/BPMプラットフォーム「Sterling Integrator」を提供。日立情報システムズがこの製品を中核に、国内のカード/クレジット業界、保険業界などに向けて、企業間連携ソリューションの販売/提案活動を行う。

 すでに一部のノンバンク向けに、スターリングコマースのSterling Integratorを利用した複数取引先とのデータ連携を可能にする「対外接続ハブシステム」の構築が始まっており、2006年初旬の本番稼動が予定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]