編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立情報、共同利用型オーソリFEPサービスを2006年4月に開始

ニューズフロント

2005-12-15 16:52

 日立情報システムズは12月15日、クレジットカード与信センターへの接続/照会を中継する共同利用型サービスを2006年4月に提供開始すると発表した。インテリジェントウェイブの「NET+1」を運用基盤として採用し、サービス提供用の環境を自社データセンター内に構築する。

 NET+1はいわゆる「オーソリFEP」で、クレジットカード会社の与信センターに対するカード利用承認の問い合わせを中継するシステム。インテリジェントウェイブが開発した。

 両社の構築するオーソリFEPを利用すると、与信センターとの接続や照会機能を短期間かつ低コストで導入できる。また、共同利用型のサービスであるため、日立情報ではシステム運用面で顧客の負担が軽減するとしている。

 日立情報では、カードクレジット基幹システム「EXPAY」共同利用サービスと合わせてワンストップサービスを拡充し、中小企業へのアウトソーシング提案として展開していく。同オーソリFEPサービスの提供開始から2008年3月末までに、40社からの受注を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]