編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日立情報システムズ、セキュリティ情報の収集/分析/対策を自動化するサービス

ニューズフロント

2006-01-19 17:21

 日立情報システムズは1月19日、遠隔マネージドセキュリティサービス「SHIELD/CSO4U」の販売を開始した。セキュリティ対策自動化ソフト「SHIELD/Exlink」とセキュリティ情報通知/遠隔監視サービスを組み合わせて構成する。

 SHIELD/ExLinkは、顧客サイト内のウイルス感染や情報漏えいを検知し、自動的に判断、対策するソフト。また、セキュリティオペレーションセンタ(SOC)でセキュリティ専門情報や一般ニュースから収集した情報を分析し、顧客に警告発信などをするサービスも提供している。

 日立情報システムズはSHIELD/ExLinkとこのサービスを組み合わせ、新しいサービスSHIELD/CSO4Uとして販売する。新サービスを利用すると、セキュリティに関する各種警告や兆候について、人手を介すことなく自動的に事前対策や防御が施せるようになる。SHIELD/CSO4Uを構成する製品の概要と提供開始時期、価格は以下のとおり。

  • SHIELDeXpress/i-Monitorサービス:SOCで収集、分析したセキュリティ情報を提供するとともに、顧客サイトをリモート監視するサービス。2006年1月末に提供開始。初期費用は個別見積もり。月額10万円から
  • SHIELD/ExLink-IA:セキュリティ事件による被害拡大を防止するソフト。2006年3月末に提供開始。初期費用は500万円(1000クライアント)から。年間保守料は150万円(1000クライアント)から
  • SHIELD/ExLink-Qu:検疫ネットワーク構築ソフト。2006年1月末に提供開始。初期費用は500万円(1000クライアント)から。年間保守料は150万円(1000クライアント)から
  • SHIELD/ExLink-VA:内部情報の持ち出しを防止するソフト。すでに提供している。1サーバ当たり60万円から
  • SHIELD/ExLink-PS:社内ネットワークの盗聴を防止するソフト。すでに提供している。1サーバ当たり60万円から

 日立情報システムズでは、今後3年間で200ユーザー、15億円の受注を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]