ホワイトペーパー

生成AIを利用した標的型攻撃とはどのようなものなのか?実態を明らかにして効果的な対策を考える

LRM株式会社 2024-02-29

今や生成AIは企業ITの世界でも一大ブームの様相を呈している。様々な業務の効率化や自動化に活用が期待されている生成AIだが、その便利さは逆にリスクにもなる。なぜならば、悪用されてしまえば、高度なサイバー攻撃も容易に行えてしまうからだ。例えば、生成AIを利用すれば、人間が作成したようなフィッシングメールや、ディープフェイクと呼ばれる、実在の人物を利用して偽の情報を組み込んで相手を騙す攻撃などが可能となる。

このような背景を踏まえて本資料では、標的型攻撃をはじめとする生成AIを利用したサイバー攻撃の手法について明らかにするとともに、そうした攻撃に対応するために欠かせない、企業全体で情報セキュリティのリテラシーを向上させるアプローチについて解説している。まずはお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]