西村ときわ法律事務所、日立システムの就業管理システム「リシテア」を採用

CNET Japan Staff 2006年02月22日 08時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは2月21日、西村ときわ法律事務所に就業管理システム「リシテア」を納入したことを発表した。

 西村ときわは、勤務/休暇制度が複雑で、勤務申請が紙ベースで行われていたため、管理が難しいという課題を抱えていた。具体的には、現場部門では、出退勤時間を記録したタイムカード、遅刻/早退などの各種届出、および時間外勤務に関する勤務記録シートを毎月申請しなければならず、手続きが煩雑だった。

 一方の人事課でも、回収した申請書を突き合わせてチェックし、それらをデータ集計する必要があったため、毎月の集計業務に多大な工数がかかっていた。

 そこで、今後の制度変更への柔軟な対応が可能である点と、導入実績を評価し、リテシアを採用。複雑化していた勤務管理業務の見直しも行い、申請手続きを簡素化した新しい管理体制を整えた。

 タイムカードで行ってきた時間の記録も、リシテアの「Web打刻オプション」を採用したことで効率化を実現。所員の申請手続きの簡素化、人事課での集計工数削減だけでなく、部下の勤務状況や進捗状況をタイムリーに把握できるという効果も得られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?