蝶理情報とビッツテージ、両社の製品を組み合わせたCRM/CTIシステムを構築

WebBCN (BCN) 2006年03月30日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 蝶理情報システム(蝶理情報、繁澤宏明社長)とビッツテージ(丸山勇人社長)は、蝶理情報のUnPBX(構内交換機)タイプのテレフォニーサーバーシス テム「CTplus」とビッツテージのマルチチャネル対応コミュニケーション管理 システム「inspirX」を、日本能率協会マネジメントセンター(JMAM、野口晴 巳社長)に提供し、カスタマーサポート用CRM/CTIシステムを構築したと発表 した。

 「Ctplus」は、PCに音声応答CTボードを組み合わせ、CTミドルウェアとして 利用できるUnPBX型のテレフォニーサーバーシステム。コールセンターやCRMシ ステム構築に必要なPBX機能や自動音声応答機能などを搭載する。一方、「inspirX」は、電話やファックス、Webを通じて行われる対応履歴などを管理でき るシステム。システムの受注・導入・保守はシーエーシー(CAC、島田俊夫社 長)が担当する。

 JMAMでは、eラーニングサービスが本格開始後、メールによる問い合わせが 急増。電話による問い合わせを上回ることが予想されたため、「CTplus」と 「inspirX」を組み合わせた、電話とメールを統合して、問い合わせを一元的 に把握するシステムを導入した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから