「専門性がより重要に」--ビル・ゲイツ氏、マイクロソフトの成功要因を語る

藤本京子(編集部) 2006年04月21日 20時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月21日、米国本社会長のBill Gates氏の来日記者会見を開催した。2006年はマイクロソフト日本法人の設立20周年となるが、Gates氏は同社の成功の要因がソフトウェアにフォーカスしてきたことにあるとした。

 壇上に登場したGates氏はまず、「デジタルイノベーションがこれまでにない速度で進化している」と述べた。「この進化で、コミュニケーションの方法や学習方法、音楽の聞き方、写真の管理の仕方までが変わってきており、仕事場や遊び場に変化を起こしている」(Gates氏)

Gates氏 「ソフトウェアにフォーカスしてMicrosoftは成功した」とGates氏

 Gates氏は、これらの変化が「ソフトウェアをベースとしたデジタルアプローチが進んでいるからだ」とし、Microsoftが設立当初から「ソフトウェアにフォーカスし、プラットフォームを作り上げ、ソフトウェア業界を繁栄させ、パートナーと共に歩んでいく」というビジョンを実践してきたことで「いつの時代にも通用するすばらしいツールを作ることができた」とした。

 同氏は過去を振り返り、「これまで革新的な製品を提供できたのは、数多くのパートナーとの協業あってのことだ」と述べた。その上で、日本における同社の3カ年計画「Plan-J」の中でもパートナーシップが重要な位置づけを占めているとした。

 例えば、大学などの研究施設と協業することで、「コラボレーション機能や音声認識など、何十年もの間議論されていたことが実現しつつある」とGates氏。また、PCで映像を見るだけでなく、ゲームをしたりコミュニケーションを取ったりといった新たな使い方も「パートナーとのコラボレーションがあるからこそ提供できた」と、パートナーの重要性を強調した。

 マイクロソフトは同日、Plan-Jの一環として、NPO向けの支援策「NPO-J」も開始している。これは、NPOにおけるデジタルデバイドの解消を目的としたものだが、ここでも「ソフトウェアがNPOを支援するための鍵となる」とGates氏は述べた。同氏によると、マイクロソフトはNPOに対し、「ITスキル習得のためのカリキュラムを提供するほか、ITを活用するためのイベント“NPO Day”を開催する。また、ソフトウェアを簡単に入手し、サポートが得られるような環境を整える」という。

今後の新製品もアピール

 Microsoftでは研究開発に年間60億ドル以上を費やしており、「テクノロジ企業の研究開発への投資としてはナンバーワンだ」とGates氏は言う。この投資額の多くは新製品の開発に使われるが、Gates氏は「中にはあまり表面的には見えにくい部分への投資もある」としている。

 その「見えにくい部分」とは、セキュリティだ。同社のセキュリティへの投資額は全体の投資の3分の1にも匹敵しており、「ユーザーが安心したデジタルライフを送るためにもセキュリティは最重要課題だ」とGates氏は話す。同社では、ユーザーが合法でないサイトにアクセスした際、警告できるようなインフラ作りに向けた投資も行っており、Gates氏は「インターネットセキュリティがデジタル技術の進化を妨げるようなことはあってはならない」とした。

 またGates氏は、2005年に発表したSQL ServerやVisual Studioにて進化を遂げたことや、ウィルコムのWindows Mobile搭載機「W-ZERO3」で日本の携帯電話市場に進出したことなどが大きな成果だったとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR