日本HPとネットマークス、複数の認証方式を備えたシンクライアントシステム

ニューズフロント 2006年05月09日 15時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とネットマークスは5月9日、セキュリティソリューション分野で協業すると発表した。日本HPのシンクライアントシステムとネットマークスのマルチデバイス認証ソフト「SecureSuiteXS」などを組み合わせ、「ネットマークスシンクライアントソリューション」として提供する。

 この製品は、両社の製品に加え、シトリックス・システムズ・ジャパンのターミナルサービス用サーバ「Citrix Presentation Server」を利用する。バイオメトリクス認証やICカードによる認証など、さまざまな認証方式でログオン時にユーザーを認証することが可能だ。複数の認証方式を組み合わせることで、セキュリティを高めている。

 パスワードのランダム生成機能を備えており、パスワード総当たりなどの外部攻撃からシステムを守る。採用する日本HP製シンクライアントはOSとしてMicrosoft Windows XP Embeddedを搭載する。ハードディスクや冷却ファンなどの駆動装置を内蔵していないため、省電力、低騒音なオフィス環境を実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR