Microsoft OfficeでOpenDocumentファイルが利用可能に--プラグインを開発

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:坂和敏(編集部) 2006年05月09日 16時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenDocumentフォーマットで保存されたファイルをMicrosoft Officeでも使用可能にするプログラムを、あるソフトウェア開発者のグループが開発した。このプログラムが、互換性のないデスクトップアプリケーション間の掛け橋となる可能性がある。

 オープンソースプロジェクトの「OpenOffice.org」に携わるエンジニアで、OpenDocument Foundationの創設者でもあるGary Edwards氏は米国時間4日、(SCOのLinux訴訟を追求している)ウェブサイト「Groklaw」で、「ODF Plugin」というこのソフトウェアについて説明した。

 Edwards氏によると、およそ1年間の開発期間を経て、先ごろ初めてのテストが終了したばかりのこの新しいプログラムは、Microsoft OfficeでOpenDocumentフォーマット(ODF)ファイルを扱えるようにすることを目的としたものだという。

 「ODF Pluginは、『ファイル』メニュー内の『open(開く)』『save(上書き保存)』『save as(名前を付けて保存)』という一連のメニュー項目の一部として、自然かつ明確な形でインストールされる。エンドユーザーや他のアプリケーション用のアドオンに関する限り、ODF PluginはODF文書をMS Officeで作成された文書であるかのように表示する」(Edwards氏)

 ODF Pluginが利用可能になるのはまだ先の話だが、仮に同ソフトがEdwards氏の説明通りに機能するとすれば、MicrosoftとOpenDocumentの支持者らの間で展開されている争いの方向性を大きく変えることになる。OpenDocumentは最近関心を集めつつある文書フォーマットで、特に各国政府の間で人気が高まっている。

 Microsoftは2006年中に登場予定の「Office 2007」では、OpenDocumentのネイティブサポートは行わない。その理由として同社の幹部らは(OpenDocumentのサポートに対する)需要が乏しいことに加え、OpenDocumentはOfficeフォーマットに比べ機能性で劣るためと説明している。

 市場調査会社RedMonkのアナリスト、Stephen O'Grady氏は(MicrosoftがOffice 2007でOpenDocumentをサポートしない理由について)、OfficeでOpenDocumentファイルの保存を可能にするサードパーティーの製品を導入すれば、市場でOpenDocumentベースの製品の人気が上昇しかねないため、と分析する。

 OpenDocumentはオープンソースデスクトップ生産性スイート「OpenOffice」のネイティブフォーマットだが、「KOffice」やSun Microsystemsの「StarOffice」、さらにIBMの「Workplace」といった他のスイート製品でもサポートされている。

 「人々に、OpenDocumentと元々互換性のあるフォーマットで文書を作成させたいのであれば、(その人々にOpenDocumentベースのアプリケーションに乗り換えさせることは)長期的に見て重要な第一歩だ」とO'Grady氏は語る。

 しかし一方で、この新しいOpenDocumentプラグインの登場により、Microsoft Officeと競合するソフトウェアを採用する人がいなくなる可能性がある。ODF形式で文書を保存したいと考える人々もMicrosoft Officeを使用できるため、わざわざOpenOfficeなどの代替製品を使用する必要がないためだ。「(OpenDocumentプラグインの登場は)Microsoftにとって大きな追い風となる可能性がある」とO'Grady氏は指摘する。

 MicrosoftのAlan Yates氏(Information Worker事業部ゼネラルマネージャー)は5日、同社はODF Pluginの開発者らとは連携していないと語った。しかし、同氏はこのプラグインが開発されたことについて、それほど驚いていないという。

 「あるファイルフォーマットから別のフォーマットへの変換を可能にするツールをサードパーティーが開発することは常に予想していた。」(Yates氏)

 同氏はさらに、「まだ(そのプラグインを)実際に見たわけではないが、おそらくそれは、マーケット主導型の技術的解決策が顧客の互換性に対するニーズにいかに対処できるかを示す証拠となるだろう」と付け加えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR