ノベルのアジア太平洋地域、アライアンス担当副社長に平野正信氏を任命

CNET Japan Staff 2006年05月23日 18時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellのアジア太平洋地域は5月22日、同地域におけるパートナやアライアンス活動を率いるために新設されたアジア太平洋地域アライアンス担当副社長の役職に、平野正信氏を任命したことを発表した。同氏は、アジア太平洋地域担当プレジデントであるBill Hewitt氏の直属の部下となる。

 平野氏は、1975年に日本および米国のIBMでエンジニアとしてIT業界での経歴をスタート。その後、リアルタイム組み込みUNIX OSの新興企業である日本ベンチャーコムの社長を務め、ハイペリオン、レッドハットの日本法人の社長兼北アジア担当ゼネラルマネージャなどを経験している。

 直近では、オープンソース・ディベロップメント・ラボラトリ(OSDL)のアジア地域ディレクターを務めていた。OSDLは、エンタープライズにおけるLinuxの普及促進に注力しているグローバルなコンソーシアム。今後は、Novellの代表としてOSDLとも密接に連携していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!