日本SCO、「SCO UNIX」向け「MySQL」の商用ライセンスと技術サービスを提供

ニューズフロント 2006年06月14日 15時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SCOは6月14日、「SCO UNIX」でオープンソースデータベース「MySQL Pro」「MySQL」を利用するための商用ライセンス「MySQL Network」「MySQL Commercial(OEM)」の販売を開始すると発表した。日本SCOは、関連する技術サービスの提供も行う。

 MySQLは、スウェーデンMySQLが開発しているオープンソースのリレーショナルデータベース。米SCO GroupとMySQLは、2005年9月にSCO UNIX向けMySQLの提供で合意し、「MySQL 5.0」を提供してきた。

 MySQL Networkは、業務上重要なデータベースアプリケーションを運用しているユーザー向けのライセンス。MySQL Proデータベースと対応サポートが利用できる。サポート内容の違いにより、「ベーシック」「シルバー」「ゴールド」「プラティナ」の4メニューを用意する。料金は、年額7万5600円から。

 MySQL Commercialは、MySQLをアプリケーションに組み込むシステム向けのライセンス。1回払いの形式で、非GPL版として作成された特別なバイナリ製品を利用する。開発者向け技術サポートも利用可能。「Classic」と「Pro」の2種類あり、料金は1ライセンス当たり3万7800円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから