OSDLのCEO:「SCO訴訟が実は役に立った」

Matt Loney(CNET News.com) 2005年03月11日 22時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Open Source Development Labs(OSDL)の最高責任者Stuart Cohenは、SCOによる悪名高いLinux訴訟について、Linux陣営にとっての大きな収穫もあったと述べた。

 OSDLの最高責任者Stuart Cohenは現地時間7日夜、ロンドンのクイーンメリー大学で講演を行い、SCO訴訟がもたらした遺産として、Linuxのソースコードが徹底的に精査されたことが挙げられると述べた。Cohenが率いるOSDLは、Linux界で最も影響力のある団体の1つだ。同団体には、Linus Torvaldsやリードカーネル管理者のAndrew Mortonも所属している。

 「Linuxのコードやたくさんのソフトウェアが徹底的に調べられたおかげで、コードには何のリスクも、問題もないことが証明された。SCOの訴訟問題は、あらゆるウェブサイト、新聞や雑誌をにぎわせた。訴訟の動向には、誰もが注意を払っていた。SCOが2003年から2004年にかけてエンドユーザーを訴えたことで、企業のCTOやCIOたちは慎重にならざるを得なかった」とCohenは述べ、「その結果、市場で何が起こったか。人々は、訴訟の決着がつくまで待とう、とは言わなかった。どちらかと言うと、(訴訟は)Linuxの普及促進に役立った。Linuxにとってこんなに良い話は過去にもなかった」と付け加えた。

 また講演のなかでCohenは、SCOの訴訟は「ほぼ終わりかけている」とも述べた。

 SCOは、IBMが同社との契約に違反して、Unixに使われていた技術をLinuxやUnix製品のAIXに移植したとして、2003年にIBMを訴えた。SCOはIBMに50億ドルの賠償金を要求している。

 SCOはRed HatとNovellに対しても訴訟を起こし、ライセンス料の支払いに応じなければ、Linuxを使用するユーザー企業へと訴訟の対象範囲を拡大すると脅迫した。

 IBMとSCOの間で争われている訴訟を担当する判事は先ごろ、SCOの主張を骨抜きにしようとするIBMの試みに異を唱えた。しかし、判事はSCOの主張を「理解できない」とも述べた。

 SCOは財政難に陥っている。同社は、売上が減少しているだけでなく、NASDAQ上場廃止の危機に直面している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算