ニコンシステム、デジタル画像管理表示送信ソフトの暗号化機能実装にRSA BSAFEを採用

CNET Japan Staff 2006年07月21日 14時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは7月20日、ニコングループのニコンシステムが販売する高速画像閲覧機能と画像情報付加機能および画像送信機能を一体化した画像表示送信ソフトウェア「Pixcruiser」に、暗号化ツールキットの「RSA BSAFE Cert-C」が採用されたことを発表した。

 Pixcruiserは、デジタルカメラで撮影した画像をインターネット経由で送受信する際に、画像を暗号化して送信し、受信した後に復号化する機能をオプションで備えた製品。画像を改ざんや不正搾取から守ることができる。

 ニコンシステムでは、RSAセキュリティの暗号化技術と、RSA BSAFEがセキュリティ実装用SDKのデファクト・スタンダードであることを評価し、採用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?