SPARCアプリを修正せずにXeon環境で動かす仮想化ソフトのベータ版提供--ネットワールド

ニューズフロント 2006年09月22日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワールドは9月21日、Solaris OS/SPARCプロセッサ向けアプリケーションを修正することなくLinux/インテルXeonプロセッサ環境で利用可能とするソフト「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Xeon」の最終ベータ版の提供を開始した。製品版は、2006年11月に出荷を開始する予定。

 QuickTransit for Solaris/SPARC to Linuxは、米Transitiveが開発したソフト。ハード仮想化技術「QuickTransit」により、Solaris/SPARC用アプリケーションを、ソースコードやバイナリを一切変更せずLinux/Xeon環境で動かすことができる。

 価格(税別)は、1CPUソケット当たり20万円(1年間の使用ライセンス、サポート、保守が付属)または38万円(同2年間)となる。

 ネットワールドは、Solaris/SPARC用アプリケーションをLinux/Itanium2環境で動かすためのソフト「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Itanium」も用意している。Itanium2向けソフトの製品版は、2006年年末に提供を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!