NECと日本オラクル、両社製品のプロビジョニング機能を連携--リソースの動的再配置が可能に

CNET Japan Staff 2006年09月21日 19時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECと日本オラクルは9月20日、両社製品のプロビジョニング機能を連携させるソフト製品「SigmaSystemCenter Oracle RAC連携モジュール」および「Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control ManagementConnector for NEC Management Products」の販売を同日から開始すると発表した。

 新製品は、NECの運用管理ソフト「WebSAM SigmaSystemCenter」と日本オラクルの運用管理ソフト「Oracle Enterprise Manager」の持つプロビジョニング機能を連携したもの。OSからデータベースまでのITリソースの動的な再配置を可能にする。

 これにより、データベースリソースとアプリケーションリソースを負荷状況に応じて、動的に割り当てることやサーバ障害時における迅速な代替サーバへの切り替えが可能になる。

 希望小売価格(税別)は、SigmaSystemCenter OracleRAC連携モジュールが20万円、Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control Management Connector for NEC Management Productsが62万5000円。NECが販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR