ネクストコムとノーテルが無線メッシュネットワーク分野で協業

ニューズフロント 2006年09月26日 20時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネクストコムとノーテルネットワークスは9月26日、無線メッシュネットワーク分野で協業すると発表した。両社は、全国の自治体や公共機関、大学などに対する無線メッシュソリューションの提案を共同で展開していく。

 協業において、ノーテルは無線メッシュ製品の提供を、ネクストコムはシステムの提案および構築支援を担当する。

 さらに、ノーテルの無線メッシュ製品に、ネクストコムの無線ICタグ(RFID)といった製品を組み合わせ、より付加価値の高い形態でのソリューション提案も行う予定だ。

 従来の無線LANは、それぞれの無線アクセスポイント(AP)をイーサネットで接続する必要があったため、有線が導入されにくい地域や無線LAN環境を広範囲に構築する場合などは、膨大な導入・運用コストや工期が必要となっている。無線メッシュネットワークでは、1台〜数台のAPを有線接続すれば、その他のAPは相互に無線LAN通信を行い、メッシュ状の無線LAN環境が構築されることから、導入・運用コストの削減につながるとされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?