大塚商会、遠隔地のデータセンターを利用したデータ複製・復旧サービス

WebBCN (BCN) 2006年10月04日 10時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会(大塚裕司社長)は、災害時における企業の事業継続対策として、インターネットデータセンターを利用してデータ複製・復旧を行う「iDC災害対策パック−データ複製」サービスを10月4日から開始する。

 顧客企業から遠隔地にあるデータセンターにデータをバックアップし、災害が発生した場合でも事業継続を可能にするサービス。データ複製はリアルタイムに行い、災害時や緊急時でも被災直前までのデータを復旧できる。

 データセンターは、同社が運用する関東または関西の施設を利用。遠隔地を利用するため同時被災を回避でき、安全性は高い。また、複数の企業が1つの環境を共有するのではなく、企業専用のラックを用意する。

 初期費用は290万円、月額費用は回線代金別で16万5000円。サーバーやデータ複製ソフトなど、必要な機器・保守サービスなどをパッケージ化することで、従来より約3割コストを抑えたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?