編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

住商情報システムなど3社、企業のストレージ環境向けの災害対策システム

ニューズフロント

2006-07-20 22:05

 住商情報システムなど3社は7月20日、企業のストレージやサーバ環境向けに、信頼性を高めた災害対策バックアップ・システムを提供開始すると発表した。住商情報システムと、ネットワーク機器メーカーのマクデータ・ジャパン、アラクサラネットワークスの3社が共同開発した。

 住商情報システムでは、マクデータのストレージチャネルエクステンダ「UltraNet Storage Director eXtended (USD-X)」と「UltraNet Edge3000(Edge3000)」に、アラクサラのギガビットマルチレイヤイーサネットスイッチ「AX3630S」シリーズを組み合わせて提供する。

 メインフレームからオープン系サーバまで幅広い環境に対応し、ナローバンド回線でも高品質のバックアップと迅速なデータ復旧が可能という。

 マクデータの提供する2製品は、IP、ATM、SONET、SDHの各種プロトコルによる通信が可能。遠隔地にあるSAN同士の接続などに向ける。オープン系向けのFCプロトコルに加え、USD-XはFICON、ESCON、Bus&Tag、Edge3000はFICONなどのメインフレーム向けプロトコルに対応する。

 アラクサラのAX3630Sは、画像や音声、データ統合ネットワークなどに対応するイーサネットルータ。マクデータでは、USD-X、Edge3000との相互接続検証を通じ、キャリアルーター並みの信頼性、動作安定性を確認したとしている。

 3社では、同システムの販売を通じ、今後3年間で60億円を売上げる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]