日本HP、SLES10を販売開始--1CPU向けでサポートなしでは2万円台

CNET Japan Staff 2006年10月12日 19時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月11日、ノベルのエンタープライズ向けLinux OS「SUSE Linux Enterprise Server 10(SLES10)」の販売を同日より開始すると発表した。

 SLES10には、1CPU向けと、2CPUから32CPU向けの2製品がある。1CPU向けのサポートが付属しないパッケージ製品では、2万6250円で提供する。エントリクラスのHP ProLiant 100シリーズなどと組み合わせることで、数万円台の予算でサーバ構築が可能になる。

 なお、2〜32CPU向けのサポート付きの大規模版は16万5900円で販売される。

 また、OS単体での販売も行い、HP ProLiantサーバをすでに使用している企業のLinuxシステム導入もサポートしたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから