ノベル、「SUSE LINUX Enterprise Server 10」ベータ版を発表--Xen搭載でNetWareが稼働

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:坂和敏、尾本香里(編集部) 2006年03月23日 13時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellが今週、自社のLinuxディストリビューションの旗艦製品を発表した。同社は、この製品に追加された、1台のサーバ上で複数のOSを稼働させ、サーバをより効率的に利用するための重要な新機能を大々的に売り込んでいる。

 Novellでデータセンターマーケティングを統括するJustin Steinman氏によると、「SUSE LINUX Enterprise Server(SLES) 10」には、複数のOSを稼働させる仮想化ソフトウェア「Xen」が搭載されているという。この動きは驚くには値しないものの、Novellにとっては、この取り組みは重要なものだった。Xenを使えば、Linux以外に、Novellにとって重要なもう1つのOSであるNetWareを1台のマシン上で動かせるようになるからだ。

 Novellは今週、ユタ州で開催されている「Novell BrainShare Global 2006」カンファレンスにおいてSLES 10のベータ版を発表した。Steinman氏によると、同製品の正式版は「今年の真夏頃」に出荷される予定だという。Novellにとって最大のライバルであるRed Hatは、2006年末までに投入予定の「Red Hat Enterprise Linux 5」にXenを搭載しようとしている。

 Xenは、OSがメモリやネットワークなどのコンピュータ資源にアクセスするのを管理するハイパーバイザーソフトウェア。Xenをはじめとする仮想化ソフトウェアは、ハードウェアをより有効に活用することで消費電力の増大や過熱といった問題に対処したいと考えるデータセンター事業者から注目されている。

 現行のXenでは、LinuxとNetBSDを動かすことができる。また、Sun Microsystemsの「Solaris」を稼働させるための取り組みも現在進められている。さらに、現行のIntel製チップや、Advanced Micro Devicesが数カ月以内に投入するチップを利用すれば、Xenを使ってMicrosoft Windowsなど、ほかのOSを実行することも可能になる。

 Novellは、一時は市場を独占したNetWareからLinuxに顧客を移行させようと躍起になっている。しかし、「Open Enterprise Server(OES)」という統合製品に、NetWareだけでなくSLESを同梱させているにもかかわらず、この移行はスムーズに進んでいない。

 Credit Suisse First BostonのアナリストJason Maynard氏は、Novellが3月に入って業績を発表した後に出したレポートのなかで、「Linux市場は活気に満ちており、NovellではLinuxビジネスを成長させていくべきだと、われわれは今も信じている」と述べていた。さらに同氏は「NetWare/OESビジネスが安定しつつあることを示すデータは、現在までのところ見たことがない」としていた。

 NetWareの次期バージョンは、SLES 10とともにパッケージされ、「OES 2」として今年末までに投入される予定で、「SLESプラットフォームの上に構築され、Xenの仮想化技術を活用できる」ものになるとSteinman氏は説明している。

 Xenはいまだに急速な変化の途中にあり、主流のLinuxカーネルにはまだ統合されていない。だが、すでに利用可能な状態にはなっており、顧客側の要望も強いと、Steinman氏は言う。「Xen 3は主要な用途に対して十分使える状態にある」(Steinman氏)。NovellがXenの開発に深く関わっていることを考えると、同プロジェクトがSLESに搭載されるバージョンとは異なる方向へ発展する可能性への懸念はないと同氏は述べている。

 Red Hatと同じく、NovellもXenSourceとの提携を計画しているが、Steiner氏は詳細を明らかにしなかった。XenSourceはXenの商用化を手がける新興企業。

 SUSEの「Yast」ソフトウェアには、管理者がOSのインスタンスを起動したりシャットダウンしたりするためにモジュール類が含まれている。さらに、別の管理ツールを使えば、アプリケーションを動かしているサーバが落ちた場合でも、そのアプリをXenに対応するサーバに移行することも可能になると、Steiner氏は説明した。

 同氏によると、WindowsやLinux、Unixの各システムを監視する一元化されたパッケージなど、さらに上位の管理ツール類も開発が進んでいるという。「われわれには、ポリシーに基づいた適応力のあるデータセンターを実現するというビジョン」があり、そこでは優先順位の高いタスクにリソースを移すために仮想化技術が利用されると同氏は述べている。

 「Novell BrainShare Global 2006」カンファレンスでは、Novellが4月に「Novell Zenworks 7 Linux Management」ソフトウェアの特製Dellエディションを出荷することも発表された。このソフトウェアを使う顧客は、1台のコンソールから、ソフトウェアの導入やハードウェア、OS、アプリケーションの管理を直感的に行えるようになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]