アドビ、Linux対応「Flash Player」のベータ版をリリース

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月20日 12時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe SystemsがLinux版Flash Player 9のベータ版である「Flash Player 9 Update」をリリースした。現在は、Flashの64ビットエディションの開発に取り組んでいるという。

 完成版は、2007年早々に登場する予定だ。Adobeが発表したFAQには、FlashのLinux対応版は、MacintoshおよびWindows版と同じ機能をサポートすることになると記されていた。

 同ベータ版は米国時間10月18日にリリースされ、フルスクリーン表示およびSSL(Secure Sockets Layer)暗号化サポートをのぞく全機能に対応している。

 開発中の64ビットエディションの完成品については、詳細な出荷時期は明らかにされなかった。

 Flashプログラムは、Adobeの「Flex 2」ソフトウェア開発キットを用いて開発することができ、Microsoft Windows、Apple ComputerのMac OS、Linuxが稼働するシステム上で動作させられると、同社は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!