富士通、7000件の商談をもとに構築した「ITインフラ最適化システムモデル」

WebBCN (BCN) 2006年10月31日 09時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通(黒川博昭社長)は10月30日、システムの基盤となるITインフラを全社的に最適化するための「インフラ最適化システムモデル」を構築したと発表した。

 同社ではITインフラ最適化に関わる累計約7000件の商談をもとに、サーバ集約など、ニーズの多い最適化のテーマを抽出して22種類に分類。ITインフラの要件となるコスト・信頼性・性能・運用・管理などを総合的に考慮し6段階のレベルに定義し「インフラ最適化システムモデル」に集約した。

 まず、ITインフラ最適化のテーマごとに最適化モデルを提示することで、顧客は現状のシステムがどの段階にあるのかが判断でき、目指す最適化モデルを容易に選択可能。また、顧客の要件に応じたシステム構成を決定できるという特徴もある。さらに、実際のシステム事例をベースとしているため、品質と信頼性の高いシステムを短期間で安全・確実に構築できる。

 同社では、「インフラ最適化システムモデル」を利用した新たな提案スタイルで、ITインフラの最適化のプランを提供していく方針。

富士通=http://jp.fujitsu.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!