アッカと日立、WiMAXと無線LAN間のハンドオーバー実証実験を実施

ニューズフロント 2006年11月08日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アッカ・ネットワークスは11月8日、無線ブロードバンド規格IEEE802.16e(モバイルWiMAX)と無線LAN規格IEEE802.11a/b/gとのシームレスハンドオーバー実証実験を、日立製作所と共同で実施すると発表した。11月中に実験を完了できると見込む。

 実験の目的について、アッカは「モバイルWiMAXと無線LAN間で動作確認を実施し、無線LANのホットスポットや屋外環境において、VoIPや動画ストリーミングなどのアプリケーションがシームレスに利用可能なことを検証する」と説明している。

 実験では、日立のシームレスハンドオーバー技術を利用し、異種ネットワーク間のアプリケーション継続利用を確認する。

 アッカは、今後もWiMAXでの周波数獲得を目指し、技術検証と事業計画検討を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!