マイクロソフト、.NET FrameworkのCLIがJIS規格として公示されたと発表

WebBCN (BCN) 2006年11月22日 10時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト日本法人は、「Microsoft.NET Framework(.NET Framework)」の基本仕様を国際標準とした共通言語基盤(CLI)が、日本工業規格(JIS)の「X3016」として公示されたと発表した。

 CLIは、.NET Frameworkの基本仕様で、アプリケーションを開発、展開、動作用の言語基盤アーキテクチャとアセンブラの仕様。ISO/IEC 23271標準規格で、JIS X3016はその国際標準と一致する規格となる。

 JIS標準になったことで、Windows以外のOSで、プログラミング言語非依存のアプリケーション実行環境の実装、それらのプラットフォームと Windowsとの相互運用性、COBOLなどの各種プログラミング言語の.NET Framework対応が日本で進むことを同社は期待している。

 CLIの実装例として、同社はCLIのソースコードをMicrosoft Shared Source Initiativeのもとに公開。開発者はこのソースコードを参考に、Windowsプラットフォーム以外のOSプラットフォームで実装することができる。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
マイクロソフトコーポレーション
「.NET Framework」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?