編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、「Windows Server 2003 R2」の準備完了--60日以内にリリースへ

Mike Ricciuti(CNET News.com)

2005-12-07 13:11

 Microsoftは米国時間12月6日、Windows Serverオペレーティングシステム(OS)のアップデートを提供する準備が整ったと発表した。

 「Windows Server 2003 R2」と称される同製品は、「Windows Server 2003」のユーザー向けに提供される有料アップデートで、今後60日以内にリリースされると、同社は述べている。

 Microsoft会長Bill Gatesが同アップデートに初めて言及したのは、CNET News.comのインタビューを受けた2004年のことである。同社は2004年5月に、Windows Server 2003 R2に関する計画を発表した。

 同アップデートでは、リモート拠点向けの管理機能やストレージ管理機能などに改良が施されているが、そのうちの一部は機能拡張パック(Feature Pack)としてすでに提供済みだ。R2は、2004年にリリースされた「Windows Server 2003 Service Pack 1」の中核技術を利用している。

 Microsoftは、企業がR2を導入する際の検証作業を省くために、新機能を搭載しながらもOSの中核技術には変更を加えなかったと述べている。同社のサーバおよびツール部門バイスプレジデントBob Mulgiaは、「すでに(Windows Server)2003を利用している場合は、R2を問題なく導入できる」と話した。

 R2には、スタンダード/エンタープライズ/データセンターエディションの3種があり、32ビットおよび64ビットのx86チップに対応するが、Intelの「Itanium」プロセッサはサポートしないという。

 R2へアップグレードするには、ユーザーは新たなサーバライセンスを購入する必要があると、Mugliaは説明する。R2の価格体系は、すでにリリースされているWindows Serverと同じになるということだ。なお、Microsoftの「Software Assurance」ライセンスプログラムを利用しているユーザーは、アップデート料金を支払う必要はない。

 Mugliaはまた、現行のクライアントアクセスライセンスは、2007年に予定されているWindows Serverの次期メジャーリリース(コードネーム「Longhorn」)まではアップデートしなくてもR2を利用できると話している。

 R2は改良されたストレージ管理ツールを搭載し、Unixベースシステムに対する接続性も向上している。また、以前は「Trustbridge」というコードネームで呼ばれていた、企業間でユーザーID情報を共有する機能も実装している。

 Microsoftは、R2リリースの一環として、Windowsアプリケーションを動作させるのに必要なランタイムソフトウェア「.NET Framework 2.0」と、Webサーバである「Internet Information Server」のバージョン6も発表する。.NET Frameworkでは、ウェブアプリケーション用の「ASP.NET 2.0」などを含む、多数の機能が強化されている。

 Mugliaによると、2006年後半にWindows Server 2003のサービスパック第2版がリリースされるという。

 Windows ServerのLonghorn版は現在、限定されたテスターによって試用されている。こちらの製品の正式版は2007年にリリースされる予定だ。Mugliaによると、 Windows Server Longhornの2つ目のテスト版は、2006年に発表され、より多くのユーザーに配布されるという。

 Microsoftは6日、Windows Small Business Serverのアップデートを出荷する予定であることも発表した。これは、Microsoft製のOSであるWindows Serverのほかに、電子メール管理ツールのExchange Serverなどのサーバ向けソフトウェアが同梱されている。 Microsoftによると、アップデート版は「Small Business Server 2003 R2」と呼ばれ、2006年第2四半期に出荷される予定だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]