DNP、ASP型「RSA SecurID」認証サーバサービスやトークン販売を開始

ニューズフロント 2006年11月27日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)とRSAセキュリティは11月27日、ワンタイムパスワード認証分野における業務提携を発表した。DNPは、「RSA SecurID」用の認証サーバASP型サービス、パスワード生成トークン販売、トークンのカスタマイズ/発送代行サービスを12月初旬に開始する。

 RSA SecurIDは、1分ごとに変化する6桁の数字によるワンタイムパスワードを生成するトークン(カード)を用いる認証システム。ユーザー認証時に、この6桁の数字とユーザー本人だけが知っている4桁の暗証番号を入力させることで、安全性の高いシステムを実現する。トークンの累積出荷数は、全世界で2400万個を超えている。

 RSAセキュリティとの提携を通じ、DNPはRSA SecurIDの認証サーバ機能をASP型サービスとして提供する。これにより、企業は初期投資を抑えながら、短期間でワンタイムパスワードシステムを導入できる。

 DNPはRSA SecurIDトークンを単体で販売するほか、トークンを封入物と合わせて梱包し、各利用者に発送する業務を代行する。導入企業は、必要な個人情報を一括してDNPへ提供するだけで、認証サーバ登録、トークン発送業務を済ませられる。トークンに導入企業のマークなどを入れるカスタマイズにも対応する。

 DNPは金融機関を中心にRSA SecurIDを販促し、2007年度から2009年度の3年間で30社、50億円の販売を見込む。今後、RSAセキュリティと協力し、トークンの新機種やサービスメニューの共同開発も進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから