日本アタッチメイト、PCライフサイクル管理ソリューション「WinINSTALL」日本語版を発表

CNET Japan Staff 2006年11月28日 15時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アタッチメイトは11月27日、日本市場向けに開発されたPCライフサイクル管理製品「WinINSTALL(ウィンインストール)Desktop Availability Suite v8.7」を発表した。発売は2007年1月末の予定。

 WinINSTALLは、OS導入とソフトウェア配布から、パッチやIT資産管理にわたるPCライフサイクル業務を担うソリューション。再利用可能なテンプレートを作成することによって、煩雑な作業を行わずに、各種ドライバの設定やパッチが適用されたOSの自動インストール、アプリケーションの自動配布、電子メールや文書などのデータバックアップおよびリストアを含む管理を可能にする。

 税込価格は、最小構成の50ライセンスで69万3000円。年間保守費用は別途。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから