NEC、PCI-ExpressとLANを統合した次世代インターフェイスを開発

WebBCN(BCN) 2006年12月08日 12時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(矢野薫社長)は12月6日、PCI-Expressとイーサネットを統合した次世代のインターフェイス「ExpEther」を開発したと発表した。

 「ExpEther」では、サーバーやストレージ、ゲートウェイルーターなどの内部を流れるPCI-Expressのデータをイーサネットに載せ替えて転送が可能で、多数のハードウェアをイーサネット上で接続できる。また、システムの再起動が必要だったPCI-Expressデバイスの追加削除を、システムの再起動なしで行うことが可能。そのため、既存のサービスを止めることなくハードウェアが追加できる。

 さらに、イーサネット上でネットワークを仮想的に分離するVLAN機能を使うことで、ハードウェアを任意に組み合わせてサービスを提供できる。さらに、従来はIT系/NW系ハードウェアで分離していたバス接続を、単一のネットワークで統合して一体化管理できるため、ハードウェアの管理も容易に行える。

 NEC では今後、CPU上で実行されるOSやミドルウェア、アプリケーションなどのソフトウェア側の拡張性向上技術と「ExpEther」を組み合わせたシステム構成方式の研究開発を進め、拡張性・信頼性の高いNGNサービスを提供する次世代サービスプラットフォームへの適用を図る。

NEC=http://www.nec.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR