Centrino、Viivに次ぐ新ブランドは「vPro」--インテルの企業向けプラットフォーム

藤本京子(編集部) 2006年04月25日 20時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは4月25日、企業向けPCのプラットフォームとなる新ブランド「インテル vPro テクノロジー」を発表した。これは、同社がこれまで開発コード名「Averill」と呼んでいたものだ。インテルがプラットフォームのブランドを発表するのは、2003年1月に発表したモバイルPC向けプラットフォームの「Centrino」と、2006年1月に発表したデジタルホームPC向けプラットフォームの「Viiv」に次いで3番目となる。

 インテル 代表取締役共同社長の吉田和正氏は、現在企業で求められていることとして、セキュリティや管理性を挙げ、vProがこうした企業ニーズに応えられるだけでなく、コスト削減や電力効率および性能の向上に結びつくものだとした。

新ブランドvPro vProのロゴを紹介するインテル日本法人社長の吉田氏(左)と米Intel副社長のDunn氏(右)

 vProには、デュアルコアプロセッサの「Conroe」と、「インテルQ965 Expressチップセット」、「インテルPRO/1000ネットワークコネクション」などの構成要素に加え、管理性を高めた第2世代の「インテル アクティブ・マネージメント・テクノロジー」(インテルAMT)や、仮想化機能の「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」(インテルVT)が搭載される。2006年後半より、vProロゴの入ったPCが各メーカーより提供される。

 Intel デジタルエンタープライズ事業本部副社長 兼 プラットフォームコンポーネント事業部長のTim Dunn氏は、なぜvProが必要かについて次のように述べている。「PCサポートの件数の割合は、87%がリモートで解決でき、オンサイトで解決しているのは13%しかない。それなのに、PCサポートにかかるコストの割合は、リモート解決が全体の54%、オンサイトでの解決が46%と、約半分にも上る。これは人件費がかさむためだが、実際にオンサイトにサポート人員が出向くと、電源が入っていないだけのケースや、OSが起動しないというケース、ウイルスに感染していたというケースなど、オンサイトでなくとも解決できることが多い。これらをvProによって解決することで、サポートコストを削減し、イノベーションに資産を回すことができる」(Dunn氏)

 vProに搭載されるインテルAMTでは、電源の入っていないPCの監査や、ダウンしたシステムのリモート修復が可能なほか、ウイルス対策ソフトなど必要なソフトウェアのエージェントが無効になるのを防止する機能や、万が一ネットワーク内のPCがウイルスに感染した場合、即座にネットワークからそのPCを切り離し、パッチを送った上でPCを修復、再度ネットワークに接続するといった機能を備えている。

 また、インテルVTでは、1台のPCで複数の独立したハードウェア環境が提供できる。片方のパーティションはユーザーが通常利用する領域とし、もう片方はユーザーからは直接見えないように隔離して、IT部門が設定や特定のサービスを提供するための環境とするなどの使い方ができる。

 インテルは同日、Symantecとの協業も発表している。両社は共同で、vProに向けたセキュリティソリューションを構築する。インテルVTによって隔離された環境にSymantecのセキュリティソリューションを提供し、ユーザーのOSから独立した環境でセキュリティ効果を高める。

 またvProでは、日立製作所の運用管理ソフト「JP1」との連携も実現する。JP1とインテルAMTを組み合わせることで、「ハードとソフトの両面からTCO削減と高機能化が実現し、コンプライアンスへの対応も強化できる」と、日立製作所 ソフトウェア事業部 事業部長の中村孝男氏は述べた。

 もちろん、プラットフォームの中で中核的な存在となるのはConroeプロセッサだ。Dunn氏は、「Conroeは従来のチップよりパフォーマンスが40%向上しただけでなく、電力効率に優れている。新Conroeを採用したPC5万台のライフサイクルにおける電力コストを旧世代のプロセッサと比較した場合、米国では150万ドル、日本では330万ドルのコスト削減が可能だ」と説明した。

 今後のvProの方向性としてDunn氏は、モバイルへの対応や、管理およびセキュリティ機能の拡張、プラットフォーム全体の仮想化、コア数の増加などを挙げた。モバイル向けのプラットフォームとしてはすでにCentrinoが存在するが、「企業向けのモバイルプラットフォームブランド名がどうなるかは未定」(Dunn氏)としている。日本法人社長の吉田氏は、「モバイル製品は特に日本での需要が高い。同様の機能を持ったモバイル対応製品をこれからしっかり構築していきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化