インテル幹部、ビジネスPCブランドの導入を示唆

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
編集校正:坂和敏(編集部) 2006年03月27日 11時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンタクララ発--Intelは、まずワイヤレスネットワーク機能付きノートPCのブランドとして「Centrino」を導入した。次に、ホームエンターテイメントコンピュータ用の「Viiv」を投入した。そのIntelが、今度はビジネスPC向けとして3番目の主力ブランドを検討している。

 同社のAnand Chandrasekher氏(セールス&マーケティング担当シニアバイスプレジデント)は米国時間23日、当地にあるIntel本社でCNET News.comの取材に応じ、「この分野で何かをすべきかどうかについて検討を進めている」と語った。

 同氏はこのアイデア実現を約束することこそしなかったものの、そうした動きを示唆するIntelの過去のパターンに注意を向けさせた。Intelは、CentrinoやViivのブランドをかなり以前から「それとなく示唆」し、これらのプラットフォームが簡略化する一連の作業について説明していたと、Chandrasekher氏は語った。同氏自身も、使いやすさ、セキュリティ、そして仮想化などの「組み込みIT」機能を指摘し、ビジネスPCに対する独自の考えを示した。Intelでは「組み込みIT」機能がビジネス環境におけるPC利用の焦点になると考えている。

 ビジネスPCブランドの立ち上げは、プロセッサだけでなく、コンピュータの特定用途に対応するプラットフォームという技術パッケージの販売を目指すIntelにとって、新しい大きな一歩となる。同社は、PC内部に組み込まれる部品で圧倒的なシェアを持っており、PCの機能と使いやすさに対して同社が果たす責任は大きくなっている。

 Intelのプラットフォーム技術に関する取り組みと、これに関連するブランド展開は、2005年に当時社長だったPaul Otellini氏(現最高経営責任者)が実施した組織再編で、一躍前面に躍り出た。

 ビジネスPC用のブランド導入時期としては、デスクトップ用のプロセッサデュアルコア「Conroe」と「Broadwater」チップセット、そしてギガビットイーサネット機能を組み合わせたビジネスPCプラットフォーム「Averill」(開発コード名)が登場する第3四半期が考えられる。

 Averillには、リモート管理作業を実現するIntelの「Active Management Technology」や、「Virtualization Technology(VT)」が搭載される。後者は、1台のコンピュータ上で複数のOSを稼働させることを容易にするもの。

 Intelの主な関心は自社の技術を確実に機能させることにあるが、同社では各ブランドも重要な役割を担っている。多くの電子機器ベンダーは無名のコンポーネントサプライヤーの地位に満足しているが、Intelはもっと野心的だ。同社はあの有名な「Intel Inside」キャンペーンによって、Dellや東芝などのPCメーカーからマシンを購入する顧客との間に、ダイレクトな関係を構築した。

 Intelには「ブランドの階層」があり、「Intel」はその頂点に立つ「マスターブランド」だと、Chandrasekher氏は説明した。そして、中間層にはプラットフォーム用のブランドが、さらにその下には「Pentium」「Core」といった個別ブランド(ingredient brands)がそれぞれあるという。

 これまでは、Pentiumのようなチップブランドが上位に君臨していたが、2003年になってCentrinoが発売されたことで、プロセッサと付属チップセット、ワイヤレスネットワーキング技術で構成されるプラットフォームが台頭してきた。「Centrino発売により、この転換を意識的に行った」(Chandrasekher氏)

 Intelは以前、最もよく知られたブランドの1つである「Pentium」をいずれは廃止する可能性が高いとしていた。実際に、同社最新のプロセッサ群には「Core Duo「Core Solo」という全く異なる名称が付けられている。

 Pentiumプロセッサの新しいものはほとんどが「NetBurst」マイクロアーキテクチャという設計を採用したものだった。それに対し、今年登場する新世代のプロセッサ群には新しいマイクロアーキテクチャが採用され、それにあわせて「Core」というブランドも使われる。

 「Core」の採用が示しているのは、もはやプロセッサがブランディングの焦点になることはない、ということだ。「この背後には、Coreはこれらのプラットフォームに対するシリコンのコアであるという考えがある」(Chandrasekher氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化