日本HP、ファイザーのサービスデスク業務を大連から提供

CNET Japan Staff 2007年01月24日 20時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1月23日、ファイザー向けに提供している日本国内向けのデスクトップPCのサービスデスク業務をHP大連グローバル・ソリューション・センターに移管したことを発表した。2006年9月1日より同センターからのサービス提供を開始している。

 日本HPは、ファイザーと1998年から8年間の契約を結んでいる。今回の一部移管は、ファイザーの日本国内およびアジア太平洋地域14カ国・地域の社内ITのコールセンター機能を統合・オフショア化する「リージョナル・サービスデスク・プロジェクト」の一環として行われた。

 日本HPは今後、ファイザーの日本国内ユーザー向けサービスの段階的な移行を支援し、1年以内にサービスデスク業務をすべてHP大連グローバル・ソリューション・センターに移管する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?