SWsoft、仮想化製品「Virtuozzo」のDB2認定を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月02日 19時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SWsoftは米国時間4月2日、同社の仮想化製品である「Virtuozzo」がIBMの動作確認テストと検証プロセスを通過し、IBMがDB2データベースに対応したソフトウェアとして認定したことを正式に発表した。

 Virtuozzoは、単一のLinuxまたは、Windowsを分割することで複数の独立したインスタンスとして存在しているように見せる仮想化技術。このアプローチは、「VMware」「Xen」、Microsoftの仮想化手法と比較してメモリと性能の面で利点があるが、複数のアプリケーションがOSの単一インスタンスに依存することになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!