アイオナ・テクノロジーズ、オープンソース企業のLogicBlazeを買収

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月11日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IONA Technologiesは米国時間4月10日、オープンソース統合ソフトウェア企業のLogicBlazeを買収したと発表した。

 オープンソースプログラマーやLogicBlazeの共同創立者であるHiram Chirino氏、Rob Davies氏、James Strachan氏を含む同社の社員は、Ionaのオープンソース部門に移籍するという。全額現金で支払われた買収金額の詳細は、明らかにされていない。

 Ionaは、「Celtix」と呼ばれる独自のオープンソース統合サーバを提供している、有力な統合ミドルウェアベンダーだ。2006年末には、同製品の商用サポートも開始している。

 LogicBlazeも、多数のプロトコルに対応したオープンソース統合サーバ「LogicBlaze Fuse」を有している。同社は、「Apache ActiveMQ Project」および「Apache ServiceMix Project」に参加しており、商用サポートも提供している。

 両社の製品を採用する企業顧客が増える中、標準に基づくオープンソース製品およびビジネスモデルが求められるようになり、このたびの買収につながったと考えられる。

 LogicBlazeは今回の買収により、インテグレーションやサービス指向アーキテクチャ(SOA)技術の商用サポートに関する専門知識を得られることになる。

 LogicBlazeのチーフアーキテクトJames Strachan氏は声明で「より多くの大規模なIT組織がオープンソース技術を利用して、ミッションクリティカルなアプリケーションを稼動するようになっている。こうした企業は、革新のめざましいオープンソース技術を利用しても、開発から導入にいたるまで最高レベルのサービスとサポートを受けたいと考えている」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR