OSJらが「Ruby on Rails」を基礎から学べるトレーニングコースを発表

CNET Japan Staff 2007年04月25日 14時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワーク応用通信研究所とオープンソース・ジャパンは、ウェブアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」(以下、Rails)のトレーニングコースを拡充し、2月24日より販売を開始したと発表した。

 新たなトレーニングコースは、従来から提供していたRails開発のコースを拡充し、Ruby言語やプログラミングの基礎からRailsでのアジャイル開発までをカバーする3コース体系となっている。

 それぞれの価格は、Ruby言語でのプログラミング入門コースとなる「Rails Platform Premium(Ruby入門コース)」が12万円。Ruby言語を習得済みで、Ruby on Railsを使ったアプリケーション開発の基礎を学びたい人のための「Rails Platform Premium(Ruby on Rails入門コース)が19万円。Ruby on Railsを使ったアジャイル開発をハンズオン形式で学べる「Rails Platform Premium(アジャイル開発コース)」が22万円。いずれのコースも初年度アップデートサービス付きの開発環境が提供される。

 両社では、様々なニーズに対応可能なトレーニングを提供することでRailsやRuby開発者の育成の裾野を拡大し、Railsのエンタープライズ分野での活用を推進するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!