編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

OSJなどが「Ruby on Rails」のWindows向けの統合開発・運用環境を販売

CNET Japan Staff

2006-11-10 10:18

 ネットワーク応用通信研究所(NaCl)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は11月9日、ウェブアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」の日本における業務システム向け活用を推進する統合開発・運用環境「Rails Platform」を発表した。

 Rails Platformは、Windows XP上に容易にRuby on Rails環境を構築することを可能にし、日本語対応も強化したソフトウェアにサポートサービスを付加したパッケージ製品として提供される。

 本体に、1年間のオンラインでのソフトウェアのアップデートサービス、回数無制限の問い合わせサポート対応をパッケージ化した「Rails Platform Basic」、さらに3日間のトレーニングを追加した「Rails Platform Premium」の2製品がラインアップされた。価格はそれぞれ5万円、20万円。

 本体の開発とメンテナンス作業、トレーニングの提供をNaClが担当し、OSJは販売とサポートを提供する。同日から販売活動を開始し、11月下旬に出荷する予定。

 Ruby on Railsは、NaClに在籍するまつもとゆきひろ氏が開発し、世界的に利用されているオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」によって開発されたウェブアプリケーションフレームワーク。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]