編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

OSJなどが「Ruby on Rails」のWindows向けの統合開発・運用環境を販売

CNET Japan Staff

2006-11-10 10:18

 ネットワーク応用通信研究所(NaCl)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は11月9日、ウェブアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」の日本における業務システム向け活用を推進する統合開発・運用環境「Rails Platform」を発表した。

 Rails Platformは、Windows XP上に容易にRuby on Rails環境を構築することを可能にし、日本語対応も強化したソフトウェアにサポートサービスを付加したパッケージ製品として提供される。

 本体に、1年間のオンラインでのソフトウェアのアップデートサービス、回数無制限の問い合わせサポート対応をパッケージ化した「Rails Platform Basic」、さらに3日間のトレーニングを追加した「Rails Platform Premium」の2製品がラインアップされた。価格はそれぞれ5万円、20万円。

 本体の開発とメンテナンス作業、トレーニングの提供をNaClが担当し、OSJは販売とサポートを提供する。同日から販売活動を開始し、11月下旬に出荷する予定。

 Ruby on Railsは、NaClに在籍するまつもとゆきひろ氏が開発し、世界的に利用されているオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」によって開発されたウェブアプリケーションフレームワーク。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]