日立情報とフレームワークスが提携--流通/物流ソリューションとERP連携で事業を拡大

CNET Japan Staff 2007年05月11日 22時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズは5月11日、物流センター管理システム(WMS)を提供するフレームワークスとの業務提携により、流通/物流ソリューションの分野を強化することを発表した。

 これにより日立情報は、SAP ERPやTENSUITEなどのERPパッケージと、フレームワークスのWMSパッケージ「iWMSシリーズ」との連携を実現。電機/電子、自動車関連、化学など流通/物流などの業種に向けてERPとWMSの連携ソリューションを拡販。ERP事業の拡大を加速する。

 同時に、日系企業の物流/倉庫管理ニーズが拡大している東アジア(中国、韓国など)への拡販も計画し、グローバル展開を強化。2011年3月までに累計で35億円、流通/物流分野のシェア30%を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!