編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立情報、水道業者、病院など地方公営企業用の事業会計システム

WebBCN (BCN)

2007-04-16 11:17

 日立情報システムズ(原巖社長)は4月12日、事業会計システム「天会」の 次期バージョン「TENKAI」を販売すると発表した。システムの運用負担を軽減 し、使いやすさを向上したのが特徴。水道・下水道事業者、鉄道、バスなどの 交通事業者、自治体の病院などの地方公営企業に販売する。

 「TENKAI」は、地方公営企業が地方公営企業法・地方公営企業施行規則など で、求められている会計処理に準拠した事業会計の総合管理システム。ユーザー にやさしいインターフェイスを採用しており、パソコンや会計業務に不慣れで も、簡単な操作で会計業務を行える。また、日々の会計伝票を入力するだけで、 月次の監査資料作成から期末の精算表・決算書の作成まで一貫した会計処理が 行える。

 ウェブ型システムを採用しており、クライアントPCへの専用プログラムのイ ンストールは不要。業務処理の流れ・運用に沿ったインターフェイス画面で、 データを簡単に入力できる。オプション機能の追加することで多彩な業務形態 に対応する。

 データベースにはマイクロソフトの「SQL Sever 2005」を採用。データは一 元管理と夜間の自動バックアップすることで、システム障害から保護する。他 の業務システムとの連携にも対応する標準フォーマットのインターフェイスも 用意した。

 ライセンスの価格は250万円から。日立情報では2011年度までの5年間で、累 計500団体への販売を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]